上・下水道・環境の総合誌「水道公論」~業界スポットライト~に掲載されました。

中里建設は、JICAから「中小企業海外展開支援事業~案件化調査~」の採択を受け、
「都市給水の水質および供給力を向上するための送配水管内洗浄案件化調査」を行う。

栃木県内で案件化調査が採択されたのは初めて。

インドネシアのブカシ市におけるモデル地区で、アクアピグ工法の実証事業を実施するほか、
同工法と管路更新コストなどとの比較・評価、見学会やセミナーの開催、
技術指針の策定準備などを通じて、同工法の現地適合性や事業モデルの妥当性を検証。

同国内の普及に向けた事業化の可能性を調査する。
地方の建設会社である同社が海外展開を図る契機となったのは「アクアピグ」の開発。

その開発から海外展開に至った背景には、
同社のたゆまぬ研究開発の取り組みとその中で培った人的ネットワークがあった。


上・下水道・環境の総合誌「水道公論」
上・下水道・環境の総合誌「水道公論」

(投稿日:2018年12月01日)




アクアピグ工法に関するお問い合わせは

  • 中里建設株式会社 水理部 電話.0283-62-0272
  • メールでのお問い合わせはこちら
  • fax.0283-62-7790


アクアピグ工法の資料請求はこちらから
メディア紹介


アクアピグ工法に関するお問い合わせは
中里建設株式会社 水理部 まで

電話.0283-62-0272(日本全国対応)

メールでのお問い合わせはこちら

fax.0283-62-7790