高い洗浄効果を確認 ~経済的かつ有効な工法として多くの自治体が採用~
「アクアピグ工法」 佐野市での公開施工実施

中里建設(株)が昨年2月に開発を発表した「アクアピグ工法」が、
経済的で多様な管路環境への対応に優れることから、
維持管理の有効な手段として採用する事業体が増えてきている。

栃木県佐野市では、配水管の赤水及びシールコート剥離に対応するため同工法を採用した。
今回は洗管作業を公開し、近隣の7水道事業体などから約50人の参加者があった。

今回は、昭和55~56年に布設されたφ150のDIP管約1300mを一気に洗浄。
途中橋梁の添架管があり、経年劣化で錆瘤が発達し縮径の恐れがあったが、
「アクアピグ」の優れた圧縮復元性により、3回の洗浄を短時間で安全に施工した。
参加者からはその洗浄効果に驚きの声があがった。

中里社長は
「アクアピグ工法は洗浄効果が高いことから、水道事業体の皆さんがつくった安全でおいしい水を、
エンドユーザーまでそのままの品質で届けるために、今後とも研鑽していきたい」
とコメントしている。


20140407suidoshin_s.jpg

(2014年4月7日:水道産業新聞)

(投稿日:2014年05月07日)




アクアピグ工法に関するお問い合わせは

  • 中里建設株式会社 水理部 電話.0283-62-0272
  • メールでのお問い合わせはこちら
  • fax.0283-62-7790


アクアピグ工法の資料請求はこちらから
メディア紹介


アクアピグ工法に関するお問い合わせは
中里建設株式会社 水理部 まで

電話.0283-62-0272(日本全国対応)

メールでのお問い合わせはこちら

fax.0283-62-7790