施工の流れ

事前調査
洗浄作業
事後調査

1. 事前調査

1消火栓等の取り外し

洗浄対象管路の消火栓等を取り外します。

2補修弁の種類確認

ボール式及びスルース式補修弁であることを確認します。

3不断水内視鏡カメラの取り付け

補修弁に不断水内視鏡カメラを取り付けます。

4T字管の錆コブ及び渦巻き式ではないことの確認

T字管に発生する錆コブを確認および除去作業を行います。
また、T字管が渦巻き式ではない事を確認します。

5管路内状況の確認

洗浄前の管路内の状態や仕切弁・曲管などの内面処理が施されていない管の閉塞状況をカメラで調査し映像を記録します。

6消火栓等の復旧

消火栓等のボルト、ナット、パッキンを取り換えて復旧します。

7事前調査終了

 

8洗浄計画の検討

カメラ調査の結果に基づいて、洗浄作業の可否、洗浄範囲、区間仕切位置等の洗浄計画を立てます。


 

2. 洗浄作業

1消火栓等の取り外し

アクアピグ工法の洗浄に使用する消火栓等を取り外します。

2発射装置(ランチャー)、受取装置(キャッチャー)の取り付け

補修弁上にアクアピグ投入・回収のためのランチャー、キャッチャーを取り付けます。

3バルブ操作

水道管の仕切弁、給水栓、止水栓等の操作を行い区間断水します。
不断水内視鏡カメラや圧力計等により、仕切弁が完全に閉じている事を確認します。

4アクアピグによる洗浄

ランチャー側よりアクアピグを発射し洗浄を行います。
この作業は、十分に洗浄されるまで3~5回行います。
※管内の状況によって回数が変更となることがあります。

5発射装置(ランチャー)、受取装置(キャッチャー)の取り外し

補修弁上に取り付けたランチャー、キャッチャーを外します。

6アクアピグによる洗浄終了

アクアピグによる洗浄作業の終了です。
引き続き、事後調査を行います。


 

3. 事後調査

1不断水内視鏡カメラの取り付け

補修弁上に不断水内視鏡カメラを取り付けます。

2管路内の確認

アクアピグによる洗浄後の管路内の状態を調査し、洗浄効果を確認します。

3消火栓等の復旧

使用した消火栓等を復旧します。

4事後調査終了

 


アクアピグ工法に関するお問い合わせは

  • 中里建設株式会社 水理部 電話.0283-62-0272
  • メールでのお問い合わせはこちら
  • fax.0283-62-7790


アクアピグ工法の資料請求はこちらから
メディア紹介


アクアピグ工法に関するお問い合わせは
中里建設株式会社 水理部 まで

電話.0283-62-0272(日本全国対応)

メールでのお問い合わせはこちら

fax.0283-62-7790